エコスタイルの小水力発電事業

 財務負担 0 で地域に潤いを
エコスタイルは、農業用水路を始めとした地域内における様々な水路へ調整する独自の設計により、小水力発電所の低コストでの設置を可能とします。

地域電源としての小水力発電
  • 小水力発電は出力規模が1,000kW未満の水力発電と定義されます。一般的な水力発電はダム等の大型の水力発電所になりますが、小水力発電は農業用水路や一般河川等、地域のどこにでもある水資源を活用して発電することができます。
    人々の生活に不可欠な資源である水を活用するため、小水力発電は他の再生可能エネルギー発電以上に、地域電源としての役割が必要になります。

日本の小水力発電のポテンシャル
日本における水力発電所のポテンシャルを規模別の地点数で纏めた結果がグラフとなります。中でも1,000kW未満の規模は全地点数のうち94.12%と大半を占めていることから、今後の再生可能エネルギー発電の普及において小水力発電のポテンシャルは注目を浴びています。
この有望な地点は具体的には一般河川、砂防ダム、治山ダム、農業用水路、上水道施設、下水処理施設、ダム維持放流、既設発電所の放流水、ビルの循環水、工業用水となります。
このように、地域が保有していて、しかも珍しくないこれらの水路は、実は発電所としてのポテンシャルを有しており、すなわちどの地域においても小水力発電所を設置できる可能性があるということです。

『既設水力発電所を控除した導入ポテンシャル推計結果導入ポテンシャル「地点数」』
平成27年度再生可能エネルギーに関するゾーニング基礎情報整備報告書(平成28年3月 環境省地球環境局)

県市町村単位で導入しやすくなりました。
エネルギーミックスが策定され、日本における再エネ発電所のさらなる普及が求められております。そのような状況の中、小水力発電事業実施に伴う手続きも簡素化され導入しやすくなりました。
たとえば
  • 慣行水利権に係る小水力発電
    の水利使用手続きの簡素化
  • 小水力発電に係る許可手続き
    の簡素化
  • 従属発電について許可制を
    廃止し、登録制を導入
必要な申請の確認・手続きはエコスタイルが行います。
お気軽にご相談ください。

エコスタイルの小水力発電事業
小水力発電は人々の営みになくてはならない水資源を活用して行う事業です。つまり、地域すべての人が潤う事業でなければ意味がありません。
エコスタイルは小水力発電事業を起点とした電力の地産地消や非常用電源としての活用、環境教育拠点としての活用を通じ、持続可能な循環型社会の実現に資する電力事業として小水力発電事業を実施しています。

エコスタイルの小水力発電所
エコスタイルは既設水路を活用した、自由設計可能な管路式の発電所の設計を得意としています。様々な幅にカスタマイズが可能な管路式小水力発電は設置コストを抑制することができます。さらに、効率的な水路設計で流量・流速のロスを最低限に抑えることができる為、安定した発電を実現します。

地域の水資源は流量や有効落差等、一つとして同じ条件である水路がありません。そのため、それぞれの地域的な特徴に応じ、様々な水車の中から最適な水車を選定し、規模、電気の使い方により同期発電機や誘導発電機等の中から最適な機器類の選定を行います。管路の配置、発電所建屋の外観等においても、周囲の環境に配慮した自然と調和した小水力発電所の建設を目指しています。

そして、小水力発電は地域電源であるため地域全体の同意が不可欠です。エコスタイルでは小水力発電の開発にかかる調査だけではなく、関係各所への説明会や勉強会、地域住民への説明会を責任をもって行い、地域の為の小水力発電所の建設します。

小水力発電の種類
地形によって落差や流量がちがうため、水力発電に利用される水車もそれに合わせて様々な種類が使われています。水車は、流水のエネルギーを機械エネルギーに変換する羽根車(ランナー)の形状と構造により衝動水車と反動水車に大別され、下記のように分類されます。

開放型水車の仕組み

フランシス水車の仕組み

事業プロセス
  • ・ 候補地探し
    ・ 候補地の地目等について情報収集
    ・ 地元の推進体制づくり
  • ・ 候補地の地目等について情報収集測量、
      流量等の基本調査
    ・ 調査結果に基づき発電量等概算
    ・ 関係各所との事前協議を開始
  • ・ 事業性の評価、事業化の可否確認
    ・ 事業計画、資金調達計画の策定
    ・ 詳細設計


  • ・ 河川法等の法令に基づく
      許認可申請や協議
  • ・ 発電所の建設工事、機能確認等の検査
    ・ 技術者選任等の各種届出
  • ・ 関係法令に基づき安全な運転と
      保守維持管理



小水力発電について気になることがございましたら
お気軽にお問い合わせください。