Water
節水による使用水量の最適化

フラッシュ方式

日本では現在、水道水が過剰に供給されているビルが多数存在します。考えよう!!使用水量の最適化

過剰供給な水道水

現在の日本の多くのビルで供給されている水道水の流れ
フラッシュ方式

供給水圧が低くなる最上階でも水を確実に供給する為にポンプは
ハイスペックなものが設置されています。
その為、水は必要以上の圧力で供給され、手洗場や浴室、調理場など
全ての階においてその用途に必要な水量以上の水量が出ていることになります。
節水コマではない、用途に合わせた節水対策を行わなければ
無駄に水を使い続けることになります。

診断に基づく流量の最適化

用途と使用状況に合わせた診断による最適な節水ソリューション

当社では建物の各階層、使用場所、時間等、細かな項目で使用状況を把握し、節水してはいけない場所を踏まえた上で最適なソリューションをご案内します。

フラッシュ方式