エコスタイルの太陽光発電事業

 地域課題を解決する太陽光発電事業
我が国では遊休地や耕作放棄地が多数存在し、管理もされず放置され社会問題化することが懸念されています。
太陽光発電所は駐車場や屋根、農地など様々な場所への設置が容易であるため、このような遊休地などを太陽光発電所の用地として活用することで、放置されることによって引き起こされる地域課題を解決することが期待できます。
さらにエコスタイルでは、設置した太陽光発電所の草刈りなどの維持管理を、設置した地域の事業者へ依頼し、地域での雇用を創出、地域経済へ資する取り組みを合わせて実施しています。
 環境省が推進する処分場等への太陽光発電事業
廃棄物処分場跡地は廃棄物が埋められている性質上、使用法が限定的です。そのため活用されず放置される傾向にあります。放置されることによって維持管理費用の捻出が困難になり、荒地化により社会問題化するリスクがあります。
そこで環境省は廃棄物処分場跡地増加に伴い、跡地での太陽光発電事業を推進しています。環境省によると、2030年までに3,000か所を超える廃棄物最終処分場の埋立が終了すると予想されています。導入・運用ガイドラインを設け事業者へ一定の技術水準を求めています。
 廃棄物処分場跡地における留意事項
廃棄物埋め立て地に関する事前情報の収集
  • 処理した廃棄物の種類
  • 跡地の地形状況(土砂崩れの可能性、排水設備等)
  • 放流水の水質、水量、放流先等
  • 構造及び設備の概要(平面図・立体図・断面図・設計計算書等)
地下構造物の機能維持
・遮水シートや集水管、汚水調整槽、地中温度測定管等処分場ならではの設備

エコスタイルではこれらの地下設備を傷つけないよう、過大な荷重をかけないよう、軽量アルミ架台の採用やコンクリート基礎の併用による単位面積当たりの荷重軽減など、慎重に配慮して設備レイアウトを設計します。

廃棄物の露出防止措置
埋設物を覆っている土砂等を、50cm以上の厚みで維持するために以下のような施工法をとります。

このように場所状況によって施工方法を使い分け、安全で強固な太陽光発電設備を建設します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部テレワークを実施しているため、お電話が繋がりにくくなっております。 メールでのお問い合わせは通常通り対応しておりますので、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。