子供たちのため、次世代のために守りたい環境がある

エコスタイルでは自然エネルギーの普及を牽引するため、発電事業を展開しております。

発電事業について
エコスタイルは、再生可能エネルギーの普及と電気を中心としたエネルギーの効率的な利用を推進することを目的として、いわゆる“自給自足プロジェクト”を推進しています。
その中で、太陽、水、地熱といった地域特有の自然資源を活用した再生可能エネルギー発電所の開発を日本全国で進めており、発電事業に加え地域活性化に資する発電所の活用を実施しています。

 発電所紹介

日本におけるエネルギー政策の動向とエコスタイルの自給自足プロジェクト
日本のエネルギー政策においては、2030年に向けたエネルギーミックスが示され、再生可能エネルギーの更なる普及が求められています。それと同時に、先のCOP21におけるパリ協定の採択を受け、日本は2013年度対比26%のCO2排出量削減目標を掲げており、温暖化対策法の下、省エネによる更なるCO2排出量の削減が求められています。
エコスタイルの自給自足プロジェクトはこのような国策に則した事業です。地域固有の資源を活かした再生可能エネルギー電源を地域とともに開発し、そこから発電される電気を地域で利用する地産地消モデルの構築を目指しています。

自然のエネルギーで発電しているからこそ、災害時に有効に機能する
再生可能エネルギーによる発電所は、自然のエネルギーで発電しているからこそ、地震等の非常時に停電が発生した場合、地域の非常用電源としての役割を発揮します。