ほんとは地球を守る温室効果おんしつこうかガス

太陽は私たちに光と熱をとどけてくれています。この地球にとどいた熱は地表で反射はんしゃして宇宙に放出されます。もし全ての熱が放出されると地球は冷たい世界になってしまいます。
しかし実際じっさい、私たちは四季とともにゆたかな生活をいとなむことができており、それは地球をおお二酸化炭素にさんかたんそ、メタン、一酸化二窒素いっさんかにちっそ等がふくまれている温室効果おんしつこうかガスのおかげなのです。温室効果おんしつこうかガスは太陽からの熱を適度てきどに宇宙にがし、地球の温度を守る役割やくわりになっています。もしこの温室効果おんしつこうかガスがなければ地球は-19℃の世界になってしまうと言われています。

えすぎた温室効果おんしつこうかガス

18世紀後半ごろから、産業革命さんぎょうかくめいともない人々は石炭や石油などを大量に消費するようになりました。これによって大気中の二酸化炭素にさんかたんその量は産業革命前さんぎょうかくめいまえ(1750年頃)と比べ40%ほど増加ぞうかしました。二酸化炭素にさんかたんそ排出量はいしゅつりょう世界平均地上気温せかいへいきんちじょうきおん上昇変化じょうしょうへんかには関係性かんけいせいがあると考えられています。
産業革命以降さんぎょうかくめいいこう経済成長けいざいせいちょうとともに温室効果おんしつこうかガスは多く排出はいしゅつされるようになり、太陽の熱がげにくくなり、今日にいたるまで地球の温度が上がり続けています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部テレワークを実施しているため、お電話が繋がりにくくなっております。 メールでのお問い合わせは通常通り対応しておりますので、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。