ホッキョクグマは、今、何を食べている?

氷の上にたたずむホッキョクグマ
今日は じじまる が担当します

地球温暖化を防ぐことが生物を守ります。

北極圏に生息するホッキョクグマは、海が氷で覆われている期間、氷の下を泳ぐアザラシなどを獲ってエサにしています。氷が溶けている間は陸上で過ごすのですが、食べ物は少ししかありません。

ホッキョクグマが泣いている

地球温暖化が進むと、北極圏に氷が張る期間が短くなり、ホッキョクグマにとって狩りのシーズンが短くなります。その結果、体重が落ち、繁殖にも影響が出ると考えられています。

化石燃料の使用で、現代文明は大きく発展してきました。でも、このまま地球温暖化が進んだら、ホッキョクグマに限らず生物は地球で暮らしていくことができるでしょうか。
今、私たちはその分かれ道に立たされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です