こんなに寒いのに、本当に地球温暖化?

雪の中でマフラーをまいた猫
今日は ちわまる が担当します

このところ、厳しい寒さが続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ここ数年、日本の冬は異例の大雪や全国的な寒波に見舞われています。ニュースではよく「地球温暖化」と耳にするのに、なぜこんなにも冬が寒くなるのかと疑問に思ったことはありませんか。
その寒さの理由はなんと、日本から遠く離れた北極海にあったのです。

海氷の合間を進む船
寒さの大きな原因は、地球温暖化による北極海の氷の減少といわれています。
現在、北極海の氷の面積は、地球温暖化によって過去最小を記録しました。地球温暖化により、溶けた氷が北極付近の気圧を高くさせ、北極と中緯度地方の温度差は小さくなり、極寒の北極の寒気が私たちの住む日本に流れ込みやすくなるというのです。

気圧を高くさせる原因というのが、海氷の持つ断熱効果に関係しています。海氷には、地球の温度をコントロールしてくれる「断熱材」のような働きを持っています。それが地球温暖化の影響により、海氷の量が年々減少することで、せっかく吸収した熱をキープすることができず、どんどん大気へ熱を放出してしまうのです。

このような現象が、冬の寒さに拍車をかけているというのです。

凍りついた地球
「地球温暖化」と聞くと、誰もが「気温が上昇する」というイメージを持つかもしれません。しかし、「冬が寒くなる」という異常な現象も、地球温暖化現象の一環なのです。

このままどんどん地球温暖化が進むと、「日本の冬は今よりも寒くなる」という逆説的な現象が、これから頻繁に起こり得る未来が来るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です