電力系統の管理・運用

電気には“瞬間消費性”という特性があります。つまり、電気は取っておいて後で使うということが難しく、生産と消費を同時に行う必要のある商品なのです。
そのため、各地域の一般送配電事業者は、季節や時間帯によって異なる電気の消費量(需要想定値)をあらゆる情報やこれまでの経験を駆使して予測し、需要想定値に見合う電気が電力系統に投入されるように発電量を調整して、その瞬間の周波数が大きく変動しないように電力系統を安定的に運用することで、停電を起こさないようにしているのです。
電力系統を蛇口がたくさんついた水槽にたとえるとイメージしやすいと思います。
消費者は、水槽(=電力系統)のことなど気にせずに、使いたいときに蛇口をひねって(=スイッチを入れて)水(=電気)を使います。水槽の管理者(=一般送配電事業者)はその消費量を予測して、適量の水を水槽に投入(=発電)することで、水槽から水があふれたり足りなくなったりしないように管理しています。
実際には、5~8%程度の予備率と呼ばれる余裕を持ちながら運用をしています。

電力系統管理のイメージ


太陽光発電の電力+1円プレミアム買取サービス受付は、2015年5月をもちまして終了しております。
メールマガジン登録・解除

外部リンク

PAGE TOP