電気の流通に不可欠な予測技術!

電気を消費者に送り届けるには、託送を利用する必要があります。
⇒ 託送を利用するには、需要や発電の計画を提出する必要があります。
⇒ 計画を作成するには、予測をする必要があります。

つまり、電気の流通には予測が不可欠なのです。

また、予測といっても、さまざまです。

発電予測については、火力発電(石油、石炭、ガス、バイオマス等)のように安定的に発電する技術が成熟しているものであれば予測は容易ですが、太陽光や風力、水力など自然由来のエネルギーを活用した発電の発電量を予測するのは、非常に高度な技術が必要となります。

一方、需要側の予測については、工場のように生産計画によってスケジューリングされるものもあれば、オフィスビルや店舗のようにパターン化できるもの、個人宅や集合住宅などのように不規則なもの等、消費される電気の需要量のパターンは様々です。

自然由来の発電の発電量や需要量は気象条件に左右されるとこが多いことから、エコスタイルでは気象予報士の資格を持つ専門家が予測ロジックを開発し、システム化して、季節ごと時間帯ごとに変化する発電量や需要量の予測を日々行っています。

太陽光発電の電力+1円プレミアム買取サービス受付は、2015年5月をもちまして終了しております。
メールマガジン登録・解除

外部リンク

PAGE TOP