春分の日は何の日か知っていますか。

芽吹く若葉
今日は ちわまる が担当します

3月21日は春分の日です。皆さん、この日が何の日か知っていますか?
「自然を称え、生物を慈しみ、将来のために努力する日」と法律で定められた祝日です。 

春分の日は昼夜がほぼ同じ長さになります

また、この日は、1年に2回だけあるという昼と夜の長さが同じになる日で(もう1日は秋分の日です)、この日を境に昼の長さが長くなるとされています。冬の寒さが去って、春が訪れ、春が来たことをお祝いする日でもあるのです。

そして、春分の日と前後3日間を合わせた7日間のことを「お彼岸」と呼び、お墓参りをしたり、ぼたもちをお供えしたりします。お墓で眠っているご先祖様に「いつも見守ってくれてありがとう。」と感謝をする日でもあるのですね。

ぼたもち
農業が生活の中心だった昔は太陽を崇めていたので、作物を育てるというところから、春分の日は作物の豊作を祈願するというとても大切な日だったそうです。このように、自然を大切にするという教えが今でも引き継がれているのはとても素晴らしいことですね。

この時期は、今まで寒い冬に耐えていた草木の芽が、春の訪れに期待し芽吹き始め、長い間冬眠していた生物たちも暖かい春の日差しにだんだんと目覚め始める時期です。 
自然を称え、生物を慈しむ気持ちをこれからも大切にし、その尊さを知ることも春分の日にふさわしい過ごし方ではないでしょうか。

春分の日には、きれいなお花を飾ったり、植物園や動物園に出かけるなど、外に出て少し早い春風を感じながら、すぐそばまで近づいている春を探してみるのも良いかもしれませんね。

じじまる 春のひととき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です